走行距離の違いによる買取価格

走行距離の違いによる買取価格

走行距離によるバイク査定価格の違いとは?

 

買い取り業者のホームページなどで買い取り実績が記載されていることがありますが、大抵走行距離が少ないものや、年式が新しいものを掲載していることが多いです。かなり走行距離が多いものは当然値段も下がってしまうため、広告としては利用できないでしょう。査定価格の例として記載されているものは、状態が良いものが多いので、同じくらいの価格が付くとは限りません。特に走行距離は走れば走るほど査定金額は下がる傾向にあります。

 

バイクの場合では2万キロを超えると査定金額が一気に下がってくる可能性もあるようです。まだまだ乗る事はできるのですが、その後故障が起きたりメンテナンス代がかかることもあります。長く乗っているバイクを売るつもりなら、この距離を目安に売ってみるのも良いでしょう。また、1万キロも目安となり、徐々に価格は安くなってきます。バイクは3万キロ以上走る事はできても、部品の交換が出てくるのはこのあたりになると多くなるという印象です。

 

ただし、これ以上の走行距離でも整備の仕方によってはまだまだ乗れることもあり、部品を交換して状態が良い場合や、外観に痛みが少ないなら査定に出してみるのも良いと思います。